MENU

本名が基本!転職サイトを偽名で登録してはいけない理由

2018年12月11日更新

転職サイトに登録をしていることを会社に知られたくない場合や、個人情報が流出したら怖いので転職サイトに本名ではなく偽名で登録するべきか悩む人がいます。

しかし、転職サイトは本名で登録するのが基本です。転職サイトを偽名で登録してはいけない理由をご紹介します。

情報収集だけなら偽名でも問題ないが…

転職サイトを利用するのは求人情報を収集するだけというのであれば偽名で登録することは可能です。転職サイトでは本人確認の資料提出を求められないからです。

ただし、求人情報を収集するだけでなく良い求人があれば応募しようと考えているのであれば、転職サイトを偽名で登録するメリットは一切ありません。むしろデメリットだらけです。

求人応募時に本名でないと経歴詐称となる

転職サイトを本名で登録するべき一番の理由は、求人応募時に本名でないと経歴詐称となってしまうことです。

また、採用担当者としても転職サイトで登録している名前と履歴書の名前が違っていると混乱してしまいますし、別人かとも疑われてしまいます。求人応募では本名を公開することになるので、転職サイトを偽名で登録するべきではないのです。

スカウトでも本名は公開されない

転職サイトの「スカウト機能」を利用したいと考えているが、スカウト機能を利用したら今の会社に本名が公開されてしまうのではないと不安になる人も多いです。

しかし、スカウト機能を利用しても登録情報が全て公開されるわけではありません。氏名、住所、電話番号などの個人情報までは公開されないので安心してください。

個人情報は流出する?転職サイトに登録すると会社にバレるのか」も参考にしてください。

本名で登録する手間がかかる

転職サイトを偽名で登録して応募したい求人が見つかった場合、偽名で応募することは経歴詐称となってしまうので絶対にしてはいけません。

また、転職サイトに偽名で登録すると、もう一度本名で登録し直す手間が発生してしまいます。転職サイトを登録し直すのは地味に面倒なので最初から本名で登録するのがおすすめです。

まとめ

転職サイトは本人確認の資料提出がないため、偽名でも登録することは可能です。ただ、偽名で登録するメリットはまるでありません。

求人応募時に経歴詐称となってしまいますし、良い求人があったときに本名で転職サイトを登録しなければなりません。

本名で登録しても転職サイトに登録していることが今の会社にバレることはないので、転職サイトへの登録は本名で行いましょう。

転職サイトランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までのレコメンド型転職サービス!

転職サイトランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サイトランキング3位

キャリアカーバー
4.6
年収600万円以上なら登録必須!

転職サイトランキング4位

MIIDAS
4.5
登録簡単な転職サービス!

おすすめの転職サイトランキング
おすすめの転職エージェントランキング」も参考にしてください。

主要ページ